アーケードゲーム『THE iDOLM@STER』のプレイ日記を中心に、のんびりまったりと書き綴って参ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE
2008-08-14 Thu 23:50
早いもので、アケ版アイマスが稼動開始してから今年で丸3年になります。
そして過去1周年、2周年の節目節目に開催されて来たオールスターライブが、例に漏れずこの3周年に際しても開催される事になりました。

過去2回のオールスターライブに参加し、その素晴らしさを肌身で感じている私は当然の如く今回も参加する気満々だった訳ですが、箱マス&ニコ動組が新たに加わった今回のライブは、過去2回の時とは打って変わって先行予約ですら抽選になると言う事態に。
そしてその抽選に見事に敗れ、更に一般販売でも瞬殺を喫した事で一時は参加を断念する決意を固めました…が、やはりライブの感動を味わえないと言う事実は受け入れ難く、結果邪道と知りつつもヤフオクに手を染めてチケットを入手し、強引に参加に漕ぎ付けてしまいました(汗)。

そんな事情もあり、当初はライブについて書く事は自粛しようと考えておりましたが、やはりこの感動を自分なりの言葉で表現したいと言う思いは強く、改めて感想と言う形で書かせて頂く事にします。
正規のルートでチケットを確保した人や、ヤフオクに頼る事無く正義を貫いて不参加となった人には誠に失礼であるとは思いますが、どうしてもライブに行きたかったと言う当方の心情を汲み取って頂き、ご容赦頂ければと思います…
●ライブ前日までの動き
先行予約、一般販売共に競争に敗れて一度は諦めた筈のライブだったが、やはり思いは断ち切れずに結局邪道と知りつつもヤフオクに手を染めてチケットを入手。転売屋に協力するのは当然不本意ではあるのだが、やはりライブの魅力には勝てなかった…orz
しかもその後、『どうせなら少しでも前で観たい』と思い立ち、更に2F中央付近のチケットを一枚落札すると言う暴挙に出てしまう(滝汗)。しかも『この金額で駄目なら退こう』と思っていた所できっちり終了すると言うタイミングの悪さだ(;´Д`)
これは今回に限らずヤフオク全般に言える事なのだが、予め自分で入札限度額を設定していても高値更新されると何故かアツくなって限度を越えて入札すると言うケースが自分の場合あまりにも多過ぎるようだ。今後は考え直さないと…

と言う事で、先に落札していた一般販売分の3F席と合わせて手持ちチケットが2枚となった為、早速事務所内の同志に共同参戦を呼びかける事に。その結果ねこP@総帥はチャリイベントの準備の為辞退、愛飢男Pは一旦受諾されるも体調不良によりこれまた辞退となり、その愛飢男Pが代役として指名されたなっちゃんPが援軍として加わって頂く事となった。
さて、これで後は現地へ向かうのみ。公演前の恒例である物品販売をどうするか一時検討するも、炎天下での長時間に渡る屋外待機と言う事態に到底耐えられそうに無かったので潔く回避を決断、当日昼前の新幹線で気持ちゆっくり目に横浜入りする事にした。

●ライブ当日~開演前までの動き~
新大阪発11時13分発の『ひかり414号』で一路新横浜へ向け出発。
当初は4分後出発で新横浜には先着する『のぞみ80号』の指定席を押さえていたのだが、2人掛けの窓際の座席に空きが無いと言う事で急遽自由席特急券に変更してもらい、『ひかり』の方を選んだと言う次第(w。おかげでみなとみらい駅での集合時刻に少し遅れる事がこの時点で決定的に(汗)。
しかも止めとばかりに折角選んだ2人掛けの窓際席、つまり富士山が見える席は、肝心の富士山が厚い雲に覆われて全く見えずに無駄に終わってしまう(つД`)

その後新横浜駅からJR横浜線~東急東横線~みなとみらい線(直通)と乗り継ぎ、みなとみらい駅で予定時刻より15分ほど遅れてお見送りの為にご足労頂いた愛飢男Pと合流。ちなみに肝心のなっちゃんPは東急ハソズへサイリウムを買いに行った後、間違って横浜市営ブルーラインに乗ってしまったとの事で結局私より更に15分ほど遅れて合流となったw
開場時刻まではまだ時間に余裕があったので、ひとまずどこかで昼食兼お茶にしようとみなとみらい界隈を放浪する3名。日曜日と言う事もあり飲食店はどこもかしこも枠外状態で、なかなか腰を落ち着ける事が出来ずに居たが、15時過ぎにようやく中村屋にピットイン完了。冷房の効いた店内で1時間あまり、お互いの近況や今回のライブの見所などを話してマターリと過ごす。で、この時聞いた話によれば、現在仏恥義理夜露死苦事務所で最も頻繁に活動しているのはどうやらこの私だとの事w
当たり前のように1~2ヶ月放置する駄目Pに負けてちゃ駄目ですぜ皆さん^^;

時刻にして16時半頃に店を出て、一路会場であるパシフィコ横浜国立大ホールへと向かう。
既にみなとみらい駅構内で物販帰りの同業者(w)の姿は確認済みだったが、地上へ出てパシフィコ横浜のエリア内に入るとさすがにその数は一気に増え、完全に一般人を凌駕する勢力となっていたw
もはやアイマスのキャラ絵やロゴの入ったTシャツや法被を着ている人は珍しくなくなっているそんな状況を見て、私も急いで展示ホールのWCに飛び込んで持参の千早Tシャツに着替える^^;
会場前の広場に到着すると、そこはまさに黒山の人だかり。開場までまだ30分近くあるのに既に列に並んでいる漲った人々、横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋を遠くに望める臨港パークを中心に各所に散らばり、仲間内で集まって盛り上がっている人々など様々だったが、その表情は皆一様にこれから始まるライブへの期待感で満ち溢れているように私は感じた。
ちなみに物販の方だが、この時点で既に公式パンフやTシャツ等の記念グッズ類は完売。現地はやはり早朝から長蛇の列となっていた模様で、仮に朝一番の新幹線で乗り込んだとしてもお目当ての品が買えたかどうかはかなり微妙だったと思われる。

そんな大勢の人を眺めつつ?とりあえず私達3名はしばし雑談。
その途中で私は、今回のライブに備えてヨドバシ梅田でポイントを使い極秘裏にゲットした双眼鏡(ビクセンのアリーナM8×25)を取り出し、大ホール前に広がる横浜港の風景で見え具合をチェック。うん、想像以上に良く見えるぞこれは(゚∀゚)wktk!!
やがて17時を回り、いよいよ入場開始。直前にぽつぽつと降って来た雨も大した降りにはならず、とりあえずは一安心である。私達はと言うと人の流れが落ち着くまで少し外で待機し、開演30分前くらいの時点で満を持して?入場する事に。
ここでお見送り役の愛飢男Pは離脱。体調が万全でない中、有難うございました^^
次回のライブでは是非ご一緒に!

入場後のホールは物販があらかた終了しているにも関わらず大混雑(;´Д`)
CDの類を買い求める人達、近日発売予定のフィギュア&ねんどろいどぷちの試作品を撮影する人達、更に出演者の皆様へプレゼントを投下する人達などでまさにカオス状態と言った所であった^^;
そんな中私達はエスカレーターでとっとと上へと移動。2Fに着いた時点で3F席のなっちゃんPとは一旦お別れし、そのまま自分の席へ…向かわずに、一旦1Fに戻ってミネラルウォーターを購入(w。さすがに3時間近くになると思われる長丁場で飲み物が無いのはキツいからね^^;

と言う事で自分の席に着席したのは開演の15~20分前になってからと、結構慌しくなってしまったりw
さて席からの眺めだが、距離があるのは仕方ないとしても、2F中央のやや前よりと言う事もあってステージ全体を見渡せるのはなかなか良い感じ。ステージまでの距離も持参の双眼鏡で早速テストしてみた所、十分に克服可能な模様でかなりwktk感が増して来た(゚∀゚)
そしてそのままBGMに流れるMASTER LIVEシリーズの新曲を楽しみつつ、開演の時間を迎える…

●そして開演!!
過去2回のオールスターライブではいずれも10~15分程度の時間押しがあったので、今回も例に漏れずに開演が遅れるかと思いきや、ほぼ定刻通りにアイマスライブのお約束である小鳥さんの『開演に当たってのお願い』がスタートしてちょっと驚いた私マー(ry
しかもこれまでのライブでは静止画での登場だった小鳥さんが、今回は何とぎこちないながらも動いているではないか!これには会場を埋め尽くしたP一同も拍手喝采で大盛り上がりw
更にその後これまたお約束の社長登場で、もはやライブ名物と化した『社長コール』も発生し更に大盛り上がりw
ちなみにこの時の社長と小鳥さんとの会話から推測するに、やはり小鳥さんは齢20台後半である可能性が極めて高くなりましたwww
その後小鳥さんの『3rd ANNIVERSARY LIVE…』の掛け声に続く、会場のP全員による『Take Off!!』のシャウトにより、いよいよライブが本格的にスタート!


1.shiny smile(Short Ver.)
歌ったのはくぎゅ、アッキー、若林ネ申。
L4U絡みの曲が中心となりそうな今回のライブ、予想通りオープニングはこの曲だった。
と言うよりL4Uの新曲で他にオープニングに出来そうなのは無いかなw
胡麻和えやIM@SのREM@STER Ver.ではちょっと芸が無いだろうしね^^;

2.エージェント夜を往く(Short Ver.)
歌ったのはチアキング、ミンゴス、あさぽん。
2曲目で早くもエージェントはちと予想外。組み合わせもこの曲にしては珍しいと思う(あさぽん除くw)
あ、私は『とかち~』じゃなくてきちんと『とかしつくして~』とコールしたんで。念の為w

3.GO MY WAY!!(Short Ver.)
歌ったのは仁後ちゃん、ひろりん、中村先生。

(MC)
ひとまずここで全員自己紹介。
今回の皆さんの衣装はL4Uのジャケ衣装っぽいデザイン。前回の金と黒を貴重にした大人っぽいイメージのそれとは打って変わって爽やかな感じがよいよい(仁後ちゃん風w)
中でも目を引いたのがミンゴスとキングのミニスカハァハァ(変態大人自重)
あと若林ネ申はやはり今回もリアル律ちゃん。もうどちらがどちらだか区別が付かなくなって来たぞw
ここではキングの『ジューシーですかっ!』『ポーリーですかっ!』と、中村先生の『パシフィコですよ、パシフィコ!』の決め台詞もバッチリ登場。やはりこれが無いとアイマスライブじゃない?^^;

4.Do-Dai(M@STER Ver.)
歌ったのはあさぽん、仁後ちゃん、ミンゴス。
この曲のラスト『恋バナ 終わり!』の部分が、何度聴いても『恋バナ オッパッピー!』と聞こえてしまって正直困るw

5.私はアイドル♥(M@STER Ver.)
歌ったのはチアキング、若林ネ申。
この2人の出す魅力ビームは、アイドルのそれと言うより大人の色気っつー感じだろうw

6.Here we go!!(REM@STER-A)
歌ったのはアッキー。
あまりの可愛さに当方失神寸前(*´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
ささやくような『ごー♡』がたまらん(;´Д(;´Д(;´Д(;´Д`)Д`)Д`)Д`)ハァァハァァハァァハァァ
この一曲で一気にアッキー株急上昇w

7.My Best Friend(REM@STER-B)
歌ったのはひろりん、くぎゅ。
スミマセン、あまり印象に残ってないです(汗)

8.relations(M@STER Ver.→REM@STER-A)
歌ったのは中村先生、若林ネ申。
2番からサンバ調のREM@STER-Aに転調すると言う粋な演出に観客もヒートアップ。
ちなみに私、サビの手前の『うーわっほい!』を密かに『うーマンボッ!』と勝手に解釈してコール打ってました(恥)
だってニコマス色薄い人ですから^^;

9.9:02pm(REM@STER-B)
歌ったのはひろりん、アッキー。
スミマセン、あまり印象に残っt(ry

10.太陽のジェラシー(REM@STER-A)
歌ったのはあさぽん、ミンゴス。
相変わらず麻男さんはコブシが効いてますなぁw

ここで一旦出演者の皆様はステージ裏へ。
直後に今回の欠席者によるクソつまらん言い訳ビデオメッセージが流されて禿しくUzeeeeeee!!
勿論こちらは水分補給しながら華麗にスルーだったが、アイマスファンは皆心が広いのか盛大な拍手、そしてあちこち『雪歩ー!』『ゆりしー!』と言う叫び声が沸き起こる。しかしその一部の雪歩orゆりバァ(ぉ)、或いはその両方である方々には悪いが、恐らく復帰を願っているであろう彼らの熱い思いは本人には届かない可能性が極めて高いと思われる。今回の欠席騒動の背景や、例のデスポエム量産ブログでの発言(出演する舞台の稽古の際に『アイマスライブの振り付けより相当高度ですよ!!(笑)』などと言うファンに対してもライブの出演者に対しても失礼極まりない発言を堂々とやらかした)などから考えても、既にアイマス&雪歩の思い入れなど本人の中には鼻糞ほども残って無いだろうから(苦笑
つか、ぶっちゃけ雰囲気悪くなるからもう来なくていいよアンタ┐(´д`)┌
雪歩役で呼んだのに地声で歌ったり本気でやらかしそうだしね( ´,_ゝ`)プッ


と言う訳で、グロ画像騒動(激爆)の後は、ドラマパートのスタート。
最早私の中で伝説と化している、ZEPPでの2ndアニバライブでの『神様のBirthday』熱唱を彷彿とさせるかのようなフリフリ衣装で樹里吉@小鳥さんが登場(;´Д`)ハァハァ
今回の掛け合いの相手は中の人こそ同一だが、キャラはDa審査員からおすぎことVi審査員にチェンジ。オカマらしい切り返しで早速会場を爆笑させるw
で、今回のドラマパートはと言うと、おすぎがNYでファッションショーをやる事になったので765プロのアイドルを貸して貰いたいが、5人までしか連れて行けないので5人ずつ3組でオーディションをやるぞと言う内容のもの。ここでフリフリのVo衣装チックなステージ衣装に着替えたメンバーが登場。若林ネ申の忠実過ぎる律ちゃんスタイルも良かったが、個人的にはひろりんが一番可愛く見えました。と言うよりこの日のひろりんは何か乗り移ったかのようにむっちゃ女の子らしくて、一体何があったのかと思っていたのだが、まさかそう言う事だったとは…w<8月1日の記事を参照されたし
と言う事で、5人ずつに分かれてオーディション開始。
ちなみにオーディションの曲目はM@STER ARTISTの新曲メドレー(Short Ver.)。

11.キラメキラリ
歌ったのは仁後ちゃん。
昨年11月のグレパには参加しなかったので、これが初めての生キラメキラリ。
なんかもう、めいっぱいやよい!って感じで最高ですな'`ァ '`ァ '`ァ '`ァ(;´Д`)'`ァ '`ァ '`ァ '`ァ
今度はフルバージョンで聴きたいものよ…

12.ふるふるフューチャー☆
歌ったのはアッキー。
う~ん、可愛いんだけどリアクションに困る曲だったな^^;
と言う事でサイリウムは振らずにひたすら双眼鏡でアッキーを観察してますたw

13.フタリの記憶
歌ったのはくぎゅ。
いおりんのMAはあまり聴いていない(汗)のでちょっと印象の薄い曲だったが、くぎゅさんの安定した歌い方はさすがだなと感じた次第。
でも個人的にはカバーの『ガーネット』の方がやっぱいいなぁ。

14.スタ→トスタ→
歌ったのはあさぽん。
ノリが良くてコールしやすい曲だと思うのだが、なんかイマイチ会場の反応が鈍かったような?
まさかキャラ人気のs(ゲフンゲフン

15.I Want
歌ったのは中村先生。
これは来ました。イントロが流れた瞬間、愚民じゃない筈の私の背筋が何故かゾクゾクとw
ただイントロの入り方が難しかったのか、『ヴぁイ!!』の所で思ったよりコールが揃わなかったのが少し残念だった。それでも中村先生の鬼気迫るかのような歌声とアクションは実に素晴らしく、危うくサビの部分では跪きそうにwww
いやホント、黒春香を推奨する訳ではないけどこの曲はまさに中村先生の為だけの歌と言う感じですなw

16.ポジティブ!(REM@STER-A)
歌ったのはキング、仁後ちゃん、樹里吉さん。
キング@あずささんの掛け声が可愛くて良かった(*´д`*)
でもお祭り風アレンジのREM@STER-Aと言うからには、全員浴衣姿で歌って欲しかったなぁw

さてここまでのVi審査員の反応はと言うと、皆フェロモンが足りないとかで非常に芳しくないご様子。
ただスクリーンに映るVi審査員の姿がそのまんまと言うのに少し違和感が?
本来なら前回ZEPPの公演の時のように興味量が減って行く演出をしたかったのに、装置のトラブルか何かで出来なかったのではと予想してみたが、真相や如何に?
と言う事でオーディション後半へ突入。Vi審査員のジェノを防ぐ事が出来るのか?w

17.おはよう!!朝ご飯(REM@STER-A)
歌ったのはあさぽん、ひろりん。
戦隊モノアレンジと言う事であさぽんのコブシの利き方が尋常じゃねぇw
更に間奏の時の台詞『出でよ!ヤキニクマーン!!』の直後に、CDでゲストボーカルとして登場されていた串田アキラ氏が突如登場。このサプライズに会場全体は一気に盛り上がる。そりゃあもう先程のグロ画(ryなどとは比較にならないほどにwww
で、正直に言うと私、この串田アキラ氏の事を良く知らなかったのだが、帰阪後に調べてみたら宇宙刑事シリーズやキン肉マンの主題歌を歌っておられた大物シンガーである事が判明して改めてビックリ。そんな方がわざわざ1曲だけの為にゲスト出演して頂いた事にいたく感謝すると共に、子供の頃散々胸を熱くした宇宙刑事シリーズの主題歌を歌っておられた方の詳細を今の今まで知らなかった事を残念に思うのであった…

そして、まさかのいい男出現でVi審査員もオカマの本領発揮?とばかりに興味回復w
更にアイドル候補生が畳み掛けて行く。

18.いっぱいいっぱい
歌ったのは若林ネ申。
この曲も律ちゃんのMAを持っていながらあまり聴いた事がなかったのだが(律ちゃんゴメソ^^;)、サビの部分のいっぱい×4、ぜったい×4の所などコールし易く非常に盛り上がる曲で楽しかった。『魔法~』と言い、律ちゃんはライブ向きの曲に恵まれてる気がするねぇ( ´ー`)

19.目が逢う瞬間
歌ったのはミンゴス。
う~ん、確かにミンゴス@千早の良さを十分に引き出せる名曲だとは思うが、少なくともライブ向きでは無いかなぁ^^;

20.迷走Mind
歌ったのはひろりん。
ここまでは随分と女の子らしさが目だっていたひろりんが、ここに来て本領発揮?(ぉぃ
あまりの格好良さに誰か野球選手でも格闘家でも入場テーマに使ってくれないかなと思った次第(爆)

21.隣に…
歌ったのはキング。
昨年のグレパ(当方不参加)でも好評だったそうで個人的にも楽しみにしていたが、実際に聴いてみてその評判は間違いではなかったと思った次第。Short Ver.なのが本気で勿体無いと思った。
次回は是非Full Ver.で披露して欲しい所である。

22.メリー
そうだよ~お金は国が出してくれる~…って、それはちよちゃんのお父さんだw
あぁぁぁ、この曲ってChristmas for youの曲なんだよな?これ一曲だけわかんなかったよorz
とりあえず仁後ちゃんの演技が可愛くて(;´Д`)ハァハァでしたw
あと、演出で打ち出されたピンポン玉の中にアイマスガールズのサイン入りのものがあり、それをゲットした人が居たとか…ウラヤマシス(´;ω;`)

23.ID:[OL]
歌ったのは樹里吉さん。
ZEPPの時と同じく審査員のリクエストで急遽歌わされる事になった小鳥さんw
『Give me!5・4・3・2・1』のコールで舌が回らなかったり、曜日を間違えまくったりしたのはここだけの内緒の話だぜwww


と言う事でオーディションは終了。
審査の結果、NY行きはゲスト出演の串田アキラ氏に決定。まぁ予想出来たオチだったなw

24.THE IDOLM@STER(Short Ver.)
歌ったのは全員。
すっかり聴きなれた曲なので特に言うべき事は無いw

ここで短いトークタイムに。何でもこの時点でようやく前半終了だとかw
おいおい2時間弱で前半って(汗)。帰りのバスの時間に間に合うのか?
ちょっと焦りだす私マー(ry。途中退場なんて勘弁だよぉぉぉ(つД`)

トークの方は一言で纏めるとキングの無茶振りで慌てるその他出演者、と言う所かw
3文字で感想を述べよって無茶すぐるだろJKwww
案の定『うれしい!』と4文字で制限オーバーするアッキー可愛いよアッキー(;´Д`)ハァハァ
その中でも『好きだ!』とバッチリ決める麻男さん、カッコ良過ぎです。

と言う事で後半戦がスタート。
もうこうなったら時間など気にしてられん!腹を括ってライブに集中するぜ!ヽ(`Д´)ノ

25.魔法をかけて!(M@STER VER.)
歌ったのは若林ネ申、ミンゴス。
この曲の『ハーイ♪ハーイ♪ハイハイハイハイ!』のコールが俺的に非常にお気に入りw
あ、relationsもかw

26.バレンタイン
歌ったのはあさぽん、アッキー。
夫婦デュオキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!(ぉ
しかしホントに息ピッタリだったねぇ…思わず麻男さんに軽く嫉妬w
ちなみにここから衣装が最初のVi風のものに戻ってます。

27.YES♪
歌ったのは中村先生、ひろりん。
ひろりん:『ねぇ、ネ申様ってホントにいるのかな?』
居るじゃないですか、舞台裏に(爆)

28.inferno
歌ったのはミンゴス、キング。
ミンゴスのデュオ相手が既報の通りサボタージュ(w)をかました為、代役としてキング降臨。
歌の部分は文句無く、と言うより当然の如くキングの方が上で、ぶっちゃけこっちの組み合わせで収録しても良かったのでは?w
ただ、今回ライブでは無かったが間奏の台詞の部分は、雪歩声を忠実に出すと言う条件付きでゆりバァ(ぉ)の方が適任だと思う。若しくは仁後ちゃんあたりかな?
ミンゴス@千早の声の力強さと対極に居るキャラの方がしっくり来ると思うのよね。

29.shiny smile(Full Ver.)
歌ったのはくぎゅ、アッキー、若林ネ申。
この日2度目となるこの曲だが、やっぱ抜群にいいわ(*´д`*)
俺的ネ申曲認定だね。

30.思い出をありがとう
歌ったのはあさぽん、仁後ちゃん。
ZEPPではミンゴス&キングで百合全開だったが、今回はアイマスが誇るこどもデュオ(w)で百合ワールドを披露(*´д`*)ハァハァ
女の子同士で手を繋ぐ姿はいい…心が洗われるようだ…

31.空
歌ったのは樹里吉さん。
まさかこの曲をライブで聴けるとは…感動した!・゚・(つД`)・゚・
しかし、樹里吉さんもZEPPの時と比べるとすっかりライブ慣れしたなぁ~。今回は声も殆ど上ずってなかったしねw

32.my song
歌ったのはキング、ひろりん、中村先生。
一言で言うと、この曲はアイマスガールズからファンへ贈るメッセージだろうか。
ひろりんの伸びやかな声が印象的だったな~。
あと、なんか前で見てたPの話では中村先生が涙ぐんでたとか?もし自分がその場に居合わせていたら…多分貰い泣きしてただろうな(ノД`)

33.蒼い鳥
歌ったのはミンゴス。
これは最早アイマスライブの定番になってしまったねぇ^^;
でも個人的にはそろそろ他の人の(キングかひろりん辺り?)『蒼い鳥』をナマで聴いてみたいとも思ってみたり…


ここで全員がステージに登場し、一人一人がPにメッセージを贈るコーナーに。
毎回何かお笑いネタが織り込まれるこのコーナーですが、今回はあさぽんの『変態紳士』発言で会場内大爆笑。さっぱり元ネタが分からない私は完全に乗り遅れてしまいましたが、帰阪後に元ネタをググってみた所盛大に吹いたwww
そうして順番に一人一人、しっとりとメッセージを読み上げて行く。それに神妙に聞き入る会場のP一同…あれ?アッキーは何処行ったの?

と、ここで突如社長登場!
そしてステージの裏から美希の造反を匂わせる意味深な台詞が!?
美希の発言に動揺する私を尻目にPSP版のムービーが流される。その最後に見覚えの無い3人組のシルエットと『961』の数字…クロイ?クロイって何なんだ?
動揺しまくりの私に更に追い討ちをかけるが如く、PSP版でライバルとなる961プロダクションの黒井社長が登場!しかしそれだけならまだ良かったのだが…


何と美希が765プロから黒井社長率いる961プロへ電撃移籍する事がここで発覚!orz


いや、サプライズは結構なんだけどこれはさすがにちょっと凹んだわ…_| ̄|○
別に美希は一押しって訳でも無いんだけど、箱版で登場して以来すっかり765プロの仲間として定着していたと少なくとも思っていただけに…これでもう『団結』をライブで聴ける事は無いのかな(´;ω;`)
て言うか美希ファンでもない私がこれだけショックなのに、美希ファンのPは一体どうなるのやら…何らかの手段で美希とその他961プロのアイドル(我那覇響&四条貴音。元は没キャラだったそうな)もプロデュース出来る機会を作らないと、これは本気で拙いんじゃないか?

そうして意気消沈している私を尻目に、961プロの新ユニットである美希、響、貴音の3人が登場し、持ち歌を披露する…

34.オーバーマスター(Short Ver.)
歌ったのはアッキーと新人さん2名。黒と金色と言う敵役の雰囲気満タンの衣装で登場(´;ω;`)
我那覇響を演じる沼倉愛美さん、四条貴音を演じる原由美さんがアッキーと共に颯爽とアイマスライブのステージに初登場。早速大歓声を浴びていた。
新人のお二人さんだが、見ていた感じではなかなか堂々とした歌いっぷりだったと思う。これはかなりの大物の気配が(゚∀゚)
オーバーマスターの曲自体は、悔しいかなかなりカッコ良かった…これを自分達の育てるユニットに歌わせてあげられないのは残念だぞう(T T)

35.まっすぐ
歌ったのは中村先生、仁後ちゃん、キング、くぎゅ、若林ネ申。
途中から残りのメンバーも加わって全員で合唱。
そしてZEPPの時と同じく、サビの部分では会場も一体となって大合唱に。
途端にアケマス1stプロデュースから今までの思い出が溢れ出し、俄かにこみ上げてくる物が(ノД`)


これでひとまず予定終了と言う事で全員退場。
当然の如く沸き起こるアンコールの声。さすがに約5000人ともなると迫力がちげぇwww
私はと言うと、喉の疲労が著しかった為サイリウムをリズムに合わせて振るだけに留める(汗)

【アンコール】
36.THE IDOLM@STER(M@STER Ver.)
歌ったのは新人さん2名を含めて全員。登場の際に沼倉さん?が足を滑らせてあわやDaアクシンデントと言う一幕がw
しかし、IM@Sか…私はてっきり『i』で来ると思ってたのだけに、少し残念。
今作品のテーマ曲だけに仕方ないのだろうけど、IM@Sは今日2回目だし、iの方が最後の締めとしては曲調も歌詞も合っていて良かったんじゃないかなぁ…

と言う事で、これで正真正銘本日の予定は全て終了。
最後にやはりと言うか何と言うか、中村先生@春香の『ドームですよ、ドーム!』で締め^^;
まぁさすがにドームは厳しいだろうけど、冗談抜きでもう武道館クラスなら十分いけるんじゃね?
そして出演者の皆様が全員退場し、小鳥さんのアナウンスを持って完全に終了…と思いきや、宣伝の連発が来た(w。どれも内容的には微妙だったが、ねんどろいどプチはちょっと気になった次第。
そんなアナウンス兼宣伝もやがて終わり、会場内のP一同もようやく席から移動を開始。だが、このまま皆大人しく帰る訳は無いだろう…と思っていたら、やはり何処からか自然発生してきました『アイマス最高!』のコール!
瞬く間に会場全体に広がるその様子は、アイマスファンの一体感の素晴らしさを感じるに十分で毎度毎度感動させられる。勿論私もしっかりとその輪に加わり、最後には調子に乗って1階席に向かって帽子を取って挨拶までやらかしたのであったw

と言う事で、最後の儀式?も無事終えた所でようやく出口へ向かって移動を開始。別席だったなっちゃんPに連絡を入れ、とりあえず1Fロビーのねんどろいどぷち展示場所付近で待っていて頂くように指示、無事合流出来た。会場を出てからだと目印が無い&人大杉で合流は厳しいと思ったので^^;
合流後はひとまず横浜駅まで移動し、駅近くのファーストキチーンでハンバーガーを喰らって軽く腹を満たしつつ、ライブの感想なんかをお互い話し合う。殆どアケ版の曲しかご存じないなっちゃんPだったが、おかげさまで楽しんで頂けた様子でとりあえず安心した(^^)
そして私はそのまま夜行バスに乗り大阪へと帰還。なっちゃんPにはバスターミナルまで見送りに来て頂きご足労をかける事に。有難うございました&また次回も宜しくw<なっちゃんP


さて、今回のライブの総括。
事前に公式サイトで長いと予告されていた公演時間は約3時間。まぁ妥当な線で終了したと言えるだろう。ライブに集中していた事もあってか時間の長さも殆ど感じなかったし、これに関しては短縮を希望したりと言うのは少なくとも私には無い。
ただ関東(首都)圏内のPはともかく私のように遠征組で、尚且つ宿泊の手配をしていないPは正直言って気が気では無かったのではないだろうか?折角のライブだし出来る事なら最後まで会場に居て楽しみたいと言う思いは皆一緒だと思うし、そう言う点も考慮して次回(以後『ある』と仮定して話をさせて頂くw)のライブの際には、開演時間を17:00辺りに設定して当日夜に帰宅する遠征組への配慮がなされたりすると尚良いなと思った次第である。

あとライブの構成について一言。
やはり過去2回のオールスターライブと比べると、増える一方の曲を全てカバーしようとするあまりトークも少なめになり、全体的に駆け足的な印象があったのは否めなかった。新木場の1stアニバライブの時のようにラジオの公録なんかを入れる必要は正直無いと思うが、このアイマスライブでは中の人の掛け合いも間違いなく一つの楽しみなので、次回からはもう少しトークに割く時間も増やして欲しい…と言いたい所だが、そうすると今度は公演時間が更に長くなるor曲がある程度削られる可能性が出て来る訳で(;´Д`)
でも正直、これにPSP版でまた新曲が出たりすれば、1回のライブで収めるにはもう限界なのではと思う。となるとある程度割り切って、アケ・箱・MA・ML・C4Uの各カテゴリーから何曲かカットして構成するのもアリかなと考えてみたり…実際今回も『i』がカットされてしまった訳だし。
※『団結』と『First stage』に関しては誰かさんの背信行為さえなければきっと披露されたんだろうけど('A`)

と、気が付けば総括が何か注文だらけになってしまってますが(汗)、参加して良かったと心から思える素晴らしいライブだった事には変わりない。これだけは力強く断言しておく。
出演者の皆様も皆素晴らしく、誰々が特に…と言うのは正直気が引ける所もあるのだが、敢えて言わせて貰うなら今回個人的に強く印象に残った&株が上がったのはアッキーとひろりん。アッキーに関しては前回のZEPPの時はこれと言った印象も持たなかったのだが、今回はその可愛さとセクシーさに完全に仕留められてしまった(;´Д`) PSP版で敵味方に分かれてしまうのは正直残念な所であるが、ライブや普段の活動ではいつものアッキーがまた見られる筈なので、これからは激しく注目して行きたいと思う(゚∀゚)
ひろりんは何と言っても益々磨きがかかる一方の女性らしさに脱帽である。キャラマスのインタビューのショットを見た時の衝撃など今何処、と言った所か(超失礼爆)。その要因は既に周知の事実であるように人生の伴侶を得た事によるものと言う事で、なるほどそれなら合点が行くと言う次第である^^; きっとこれからは従来お持ちの凛々しさに加え、大人の女性の妖艶さも加わって更に魅力的な歌声をお聞かせ下さる事であろう。wktk!
そして今回アイマスガールズの輪の中に新しく加わった沼倉愛美嬢、原由美嬢のお二人も要注目だろう。とても初ステージとは思えない堂々とした歌とダンスに限りない可能性を感じたぜいヽ(゚∀゚)ノ


さぁ、それではぼちぼちこの長文も終わりにしたいと思う。
一部ではオールスターライブはこれで最後だとか言う話も出ているみたいだが、どこぞのCD1000枚も売れない自称アーチストな下り坂転げ落ち中の声優さん(w)じゃあるまいし、勢いが加速して行く一方のアイマスワールドがそう簡単には終わる筈は無い!ヽ(`Д´)ノ
と言う事で次回、また一年後になるのか、それともPSP版リリース以降春先あたりに組み込まれるのかは分からないが、きっと行われるであろうオールスターライブに向けて引き続きP活動に励みつつ今から鋭気を養って行きたいと思う私であったw


(終)
スポンサーサイト
別窓 | IDOLM@STER | コメント:0
<<『Radio For You!』公開録音 | Agent"T" | 鋭意製作中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Agent"T" |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。