アーケードゲーム『THE iDOLM@STER』のプレイ日記を中心に、のんびりまったりと書き綴って参ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アイマス1stアニバーサリーライブ参戦記・後編 ~ライブ本番~
2006-07-30 Sun 11:30
入場開始から待つ事一時間あまり。
音無小鳥嬢の開演にあたっての(お約束満載な)諸注意の後、9人全員揃っての『THE IDOLM@STER』(gamesize ver)で、華々しくライブの幕が切って落とされたのだった。
会場を埋め尽くしたプロデューサーのテンションは瞬時に最高潮に達する。
さぁ、心行くまで夢のような時間を楽しもうではないか。



(…と、その前にお断りw)
ライブの模様は各所の情報を参考になるべく忠実に再現しているつもりですが、何分ライブから日も経っており、細かい部分で記憶違いの点などもあるかと思います^^;
その際にはコメント等で優しくご指摘頂けると幸いです(笑)
あと、とてつもなく長文になってますので覚悟の上ご覧になって下さいませ^^;
※1曲目のIM@Sのみゲームサイズverです


●1曲目:『THE IDOLM@STER』(gamesize ver)
(9人全員)

今更説明の必要も無い、アイマスの代名詞とも言える名曲のゲームサイズバージョンがOP曲として選ばれました。
歌うは勿論、765プロが誇る9人の金の卵達…の声を担当する皆さん(笑)
全員それぞれの担当キャラのイメージカラーをあしらった衣装で登場、何とも華やかです。最初のチャフ発射でマジビビりした私もこれで落ち着きを取り戻す事に成功w
皆さん雑誌の写真などで一通りお顔を拝見した事はありますが、さすがにナマで、しかも結構な至近距離で相見えるのは全く持って訳が違います。写真よりも数段皆さん可愛くor美しく見えて、私の目はしばし釘付け状態となりました。
あと釘付けになったもう一つの理由…それは妙にミニスカ着用の方が多かった事です(汗)。記憶している限りでは中村さん、今井さん、仁後さん、落合さん、釘宮さんの5人でしたでしょうか。特に今井さんのミニスカは担当キャラが千早と言う事を考えると正直予想外でした。まぁ嬉しい誤算と言うヤツなんですが(爆)

そんな訳ですので特に誰が良かったなどとは非常に言い難くはありますが、強いてあげるとすれば個人的に一番ナマで見るのを楽しみにしていたゆりしーこと落合祐里香さん、あさぽんこと下田麻美さんのお姿が特に印象に残ったでしょうか。特に下田さんは髪型と衣装のマッチングがまさに亜美真美のイメージズバリと言った感じで、炉属性を否定出来ない私にはグッと来るものがwww
あとやはり外せないのがネ申こと若林直美さん。衣装もさる事ながら髪型を始めとしたメイクがハマり過ぎで、もう律子そのものが実は若林さんをそっくりそのままゲーム上で再現したキャラなのではと真剣に思ってしまうほどでした(笑)

●2曲目:『太陽のジェラシー』
(中村繪里子さん・仁後真耶子さん・下田麻美さん)

アイドル個別の持ち歌のトップを切るのは、やはりメインヒロインたる春香の持ち歌であるこの曲。
しかしいきなり豪快に音を外す中村さん(笑)
身体を張った春香キャラの再現ぶりに会場は拍手喝采!(嘘)
春香・やよい・亜美真美と言う組み合わせも曲調にマッチングしていて良かったと思います。

●3曲目:『First Stage』
(落合祐里香さん・今井麻美さん)

内気な少女の恋心を歌ったこの曲ですが、やはり落合さんのちょっと頼り無さげ(失礼!^^;)な歌声は激しくマッチしています。もう聴いているだけで応援したくなるようなw
それだけにどちらかと言うと熱唱型といえる今井さんの歌い方では少なからず疑問符が付き纏っていましたが、実際に聴いてみるとそれ程でも無く丁度良い感じでした。今度千早をプロデュースする際にはDa曲ではこの曲を選んでみるのも面白いかも。

●4曲目:『9:02pm』
(たかはし智秋さん・平田宏美さん)

アイマス登場曲の中でもひときわ異彩を放つ、アダルトな雰囲気に溢れたこの曲。これをたかはしさんと並び立ってムーディーに歌いこなせる人となれば、やはり平田さんしか居ないだろうと、この曲を聴いてつくづく感じました。
たかはしさんの優しく何処か切なげな歌声と、平田さんの力強く伸びのある歌声の見事な対比は聴き応え満点。それはもう間奏の際のダンスと相まって、まるでタカラヅカのワンシーンのような感覚に(笑)

●ドラマパート:『765プロダクションの日常(だったっけ?)』

開演前の挨拶の通り、ここで音無小鳥嬢の声を担当される滝田樹里さんがステージに登場してドラマパートに突入。ナマの滝田さんを目にするのは正真正銘これが初めてでしたが、なんかちっちゃくて頭を撫で撫でしたくなるような可愛い感じの人でした(危)。清楚な感じの白いワンピも個人的にグッジョブw

そしてドラマパートがスタート。
ミンゴスが登場し、小鳥さんと千早の765プロの事務所内でのやり取りと言う舞台で進行して行きます。

まずは若林ネ申&仁後さんのコンビによる『おいしい朝ご飯!!』
おおっ、律子feat高槻だ(謎)
内容はシリアスアドベンチャーのフリをしたただの食い意地ネタと言った所でしょうか(w。焼肉ネタで激しくワロスwww
普段は冷静に軌道修正する筈の律子が、今回は逆に加速装置となっている所が非常に笑えました(゚∀゚)

●5曲目:『おはよう!!朝ご飯』
(若林直美さん・仁後真耶子さん)

3つ目の朝食バイキングネタの流れからこの曲に突入。
これは同行したねこPも仰っていましたが、若林ネ申の振り付けが完璧過ぎて思わず驚愕。この二人は普段からユニット組んでんじゃね?と思わせるくらいでした(笑)

続いて春香(中村さん)・伊織(釘宮理恵さん)・あずさ(たかはしさん)の『ツンデレラ』へとドラマパートは移ります。
が、何時の間にか小鳥さんの相方がゆきぽにw
何でも千早nは呆れ返って撤収してしまったとか…演出細か過ぎwww

このパートは伊織n@釘宮さんの生ツンデレ&生『にひひ♪』、あずさ@たかはしさんの全開ボケなど非常に盛り上がる場面が多かったですが、中でも個人的に一番ウケたのがブラック春香www
何でも同人の世界では既に広く知れ渡っている設定なのだそうですが、私は今回初めて触れたのでその衝撃(笑撃?)ぶりはそりゃあもう半端じゃありませんでしたよ^^;
でもドS説がある中村さんだけに…?(爆)

●6曲目:『Here we go!!』
(釘宮理恵さん・中村繪里子さん・たかはし智秋さん)

ここはもう釘宮さんの生『メッ!』、生『うふふっ♪』に尽きるでしょう(;´д`)ハァハァ
このライブ直前まで伊織ソロをプロデュースしていて、オーデ後のTV放映で何度も溶けかかっていたくらいですから、ライブで聴いた時の溶け具合は推して知るべしと言うものですw
あと同行のねこPがこの曲の振りをマスターして来ていたとの事なので、後ろを振り返って『踊れやゴルァ!!』と焚き付けたのですが、スペースの都合で無理とあっさりと拒否られましたとさ。ちっ(爆)
#冗談なので本気にしないでね^^;<ねこP

ドラマパート3つ目は平田さん&下田さんによる『リーゼント夜を往く』。
小鳥さんのボケっぷり、そして下田さんのひらがなヤンキーにひたすら抱腹絶倒でありましたwww
あと平田さんの『バリバリだぜぇ!』がさすがにカッコよかったなぁ。
私が女だったらこの一声で失神確定ですよ(キモッ!)

●7曲目:『エージェント夜を往く』
(平田宏美さん・下田麻美さん)

言うのが遅れましたが、実はこのお二人は曲に合わせて衣装替えをされてます。曲調に合わせた黒を基調とした衣装なのですが…


下田さんのスカート短過ぎ!!(;´д`)ハァハァ
つか絶対領域全開(;´д`)ハァハァ



よりによってこんなダンスの激しい曲でミニスカなんて…だがそれが(・∀・)イイ!

…などとエロおやじモードに突入しておりますが、純粋にダンス自体も素晴らしかったですよ。踊っている時の表情もドラマパートの時とは一転して、セクシーさに溢れてまさに夜のエージェントと言う雰囲気でした。下田さんの引き出しの多さを垣間見れた瞬間と言っても良いかな。
でもそんな中でも『悦びうぉ~』のコブシ?の部分と、例の『とかちつくちて~』の部分はしっかりと再現されていたのには思わずニンマリw

平田さんに関しては今更多くを語る必要も無いかな、って感じですね。勿論良い意味でです。
とにかくカッコ良過ぎるの一言に尽きますね。髪型もショートにされた事でより一層イメージが沸いた感じでした。私もゲーム中では複数のキャラで『エージェント~』を歌わせた経験がありますが、やはりこの曲では真@平田さんを越えるキャラは正直居ないかなと思います。
あと、キャラマスでのインタビューの時と比べて随分とスリムになられたのも大きかったかな?(スミマセン!!^^;)

ここでドラマパートはひとまず終了。
最後は小鳥さんの妄想脳内会話で締めに入りますw
てか、小鳥さんのキャラ設定は天然&妄想癖でFAですか?www

さてその脳内妄想ストーリー。
学園モノ少女漫画的な展開が爆笑モノでしたが、中でも札束に塗れながら千早に嫉妬する伊織nと真を邪な視線で見守る亜美真美が個人的にヒットだったかなw
あと、絵を描いた人が誰なのかと言うのも気になった所ですwww

●ラジオ『アイマスレディオ』公開録音

今井さん&たかはしさんがパーソナリティを務める、OBC(ラジオ大阪)で絶賛放送中の『アイマスレディオ』の公開録音が、今回このライブの機会に執り行われる事となりました。地元民でありながら未だにリアルタイムでの放送を聴いた事が無い私にとっては非常に嬉しいイベントであります(爆)

今回の内容はライブ参加者を2チームに分けての一口ネタ合戦と言う事で、チームの振り分けは今井さんチームがリーダーの今井さん以下若林さん、釘宮さん、落合さん、中村さんの5名、たかはしさんチームがリーダーのたかはしさん以下平田さん、下田さん×2(謎)、仁後さんの同じく5名(更謎)と言う構成。
各人リスナーから投稿されたネタ(こんなアイマスは嫌だ、だったかな?)を披露しつつ面白さを競うと言うのが勝負の内容でしたが、ネタに対するツッコミがなかなか激しくて笑えました。個人的には『Pランクがアイマスしか参加出来ないイベント』『アイドルの親が代わりに歌うライブ』辺りがツボにハマったかな?前者は若林ネ申の『それじゃあ私は参加出来ないじゃん!』と言う激しいツッコミ、後者は下田さんの妙な慌てぶりが非常に楽しかったですw
そして下田さんと来たらやはり亜美真美ネタ(笑)
真剣な表情で『真美はここに居ます~!』と演技する下田さんに心の中でスタンディングオベイション、って実際に立ってますかw

あと、ネタ披露の際に落合さんのスカートがずり上がると言うちょっとした?ハプニングがあったのですが、落合さんのスカートをネタを書いてある画用紙で隠す中村さんの行為を『モザイクが入りました~』と表現したりと、パーソナリティのお二人の飛ばしっぷりに更なる笑いがwww
他には釘宮さんがネタを読み上げる時の地声がまた可愛くて萌えますた(;´д`)ハァハァ

で、勝負の結果はたかはしチームの勝利と言う事で決着。
私はちはやんTシャツを着用していた事や、モザイクネタとアイマス限定イベントネタがツボに入ったので迷わず今井さんチームに拍手を送りましたが、惜しくも届かずじまいに^^;
ここで敗れた今井さんがお詫びとばかりにメンバーに向かって土下座…
ってちょwww!そのミニスカで土下座は嬉しい危険ですYO!www
何かこう、私が抱いていたイメージを悉く覆してくれる今井さんに萌えを感じざるを得ない私でした(;´д`)ハァハァ

そんな感じで公録は大好評の内に終了。
するとステージ奥のプロジェクターに何やら動きが。
765側からの重大発表との事ですが、まぁ内容は大体予想がついていた(X箱360版アイマス)ので、とりあえず冷静に対応を…
と思っていた矢先、突如プロジェクターに見慣れたシルエットが!



高木社長、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!



途端に沸き起こる大『社長』コールwww
しかも録音済みの音声ではなく、徳丸完さんのナマの声と来たものですからもう会場内はボルテージMAX状態www
それに対して絶妙のアドリブで応える徳丸さん…もう最高!(爆笑)
更には台詞を噛んだ挙句に『私は徳丸完だ』のフォローで決められては、正直脱帽と言うものです。贈られた歓声もアイドルと互角、いやうしろそれ以上のものがありましたし、これはもう社長主役のドラマCDでも出すしかない?(爆)

そんな感じで社長登場で大盛り上がりした後は、本題のX箱360版アイマスの紹介に。このX箱版で投入される新曲『GO MY WAY!!』の動画が流されましたが、見た感じ絵柄が発表当初のorzなものより大分修正が効いて良化の兆しが見られました。これなら安心してX箱360の購入に踏み切れるかな?

●9曲目:『ポジティブ!』
(下田麻美さん・落合祐里香さん・仁後真耶子さん)

いよいよライブも終盤戦に。
グランドフィナーレへ向かって更にヒートアップせよとばかり、この曲が来ました。私もゲームで多用するなど個人的にかなりお気に入りの曲なので、曲間のかけ声『いぇーい!or1・2・3ダァー!!』などで存分に盛り上がりました。沈没船団(w)と言うキャスティングも曲のイメージ、それに歌詞の内容から考えてピッタリだったと思います。

●10曲目:『蒼い鳥』
(今井麻美さん)

今回のライブでは新曲の『GO MY WAY!!』(中村さんソロ)を除いてでは唯一のソロとなったこの曲。歌われるのは勿論千早(今井さん)で、衣装替えを行っての万全の体勢での披露となりました。
個人的にアイマスソングの中では一番好きな曲だけあって、イントロが流れ出した途端に思わず鳥肌が立つのを覚えた私^^;
そして今井さんの歌が始まった後は…ただステージを見つめながら、ひたすら歌声に聞き惚れるしかありませんでした。て言うか、それ以外の事が出来そうに無かったです。雑念の入り込む余地も全く無し、このライブ中で最も神妙かつ神秘的な気持ちになった数分間だったと思います。
蒼い鳥と言う曲の素晴らしさ、そして歌い手としての今井さんの実力を改めて実感した、そんなひと時でした。

この曲が終わった後一旦舞台が暗転、アイドル一人一人がプロデューサーへの思いをポエム風の言葉にして綴る、と言う感じのパートがスタートします。思わず頷きたくなる様な心に響くメッセージから、腹を抱えて笑ってしまうようなメッセージ(w)まで、どれも聞きごたえがあるものばかり。改めて彼女達のプロデューサーである事に誇りと喜びを感じられた、そんなパートでした。
このパートの時、下田さんの目元が心なしか潤んでいたような気がしたのですが、それは私の気のせいだったのでしょうか?^^;

●11曲目:『魔法をかけて!』
(若林直美さん・釘宮理恵さん・今井麻美さん)

ポエムパート(仮題w)の締めの台詞からそのままこの曲に突入。
ノリの良さではアイマスソング中でも屈指と思えるこの曲だけに、アンコール直前の曲として選択したのは大正解だったと言えるでしょう。
『ポジティブ!』の沈没船団に対してこちらは所謂無敵艦隊での構成(笑)でしたが、持ち歌と言う事で水を得た魚のように歌い踊る若林ネ申に萌え♪w
私も迫り来る宴の終焉に一抹の寂しさを感じつつ、精一杯サイリウムを振りかざして声援を送ったのでした。あと『ネ申~!』のコールもwww


ここで一旦ステージは終了しますが、当然の如くアンコールの大合唱が発生。だってまだIM@S(9人ver)が残ってますからね!
しかし私はアンコールもそこそこに、入場時に引き換えた500円のエビアン(w)で水分補給…いや、発汗と発声でマジ喉カラカラでしたんで^^;

●12曲目:『THE IDOLM@STER』
(9人全員)

ホントに最後の最後となる一曲。
グランドフィナーレを飾るのは、やはりアイマスの代名詞とも言えるこの曲しか無いですね。勿論マスターバージョンで決まり!
『くりか(オイ!)え(オイ!)してでも(オイオイオイ!)』のコールもバッチリ決まって、もうノリノリでした(笑)


そしてIM@Sが終わり、いよいよホントにホントのライブの終焉を迎えます。
締めの台詞は中村さん@春香の『次はドームですよ、ドーム!』の力強い声…そう、皆でその夢を実現させましょう!

その後、精一杯手を振りながら一人一人舞台袖に消えて行くアイドル達。
そんな彼女達に向けられる凄まじい声援。
それはまるで、この夢のような時間がいつまでも終わって欲しくないと言うプロデューサー達の心の叫びのような…

でも、時の流れは待ってはくれません。
照明は元に戻り、プロジェクターもライブ開演前の状態に…

と思いきや、最後に再度小鳥さん登場!(笑)
この粋な演出にまた盛り上がる会場。最後の最後まで参加者のツボを突く心憎い演出、ホントに脱帽です。

小鳥さんの終演の挨拶が終わると、さすがに会場を埋め尽くしたP達も諦めがついたのか(笑)、徐々に撤収を開始します。
その際何処からとも無く沸き起こった『アイマス最高!』のコール。
思いは全く一緒な私は、同行したねこP、くさなぎPの二人と共に、勿論全力で応えました。
そう、今回のライブで見せたアイドル達とプロデューサー達の溢れんばかりのエナジー…これがある限り、アイマスには終わりなんて無いのですよ!

そんな思いを改めて胸に抱き、私達3人のPは会場を後にしたのでした。
そして帰りのバスまでの時間を利用し、東京駅近くの居酒屋で非プロデューサー(笑)の友人一人を招いて夕食兼呑み会を開催。皆で洗脳とばかりにライブの模様を語り、余韻を楽しんだのでありましたw


いやもうホント、『楽しかった、サイコー!』の一言に尽きます。
どんな言葉を使っても表現し切れない、と言いますか…
当初は自分にとって未知の世界と言っていい声優系のイベントだった事や、チケット代や交通費などの参加諸費用、タイトな日程等を考慮して見送りの予定で居たのですが、それを覆して参加を決めたのは結果的に大正解でした。
普段はゲームの中の声でしか伺えない声優さんの姿がナマで拝めたのも去る事ながら、その歌声やトークが直に体験できた事は何よりの財産となった気がします。今後のプロデュース活動にもより一層思い入れが増すと言うものです。
曲の時のコールなんかもさすがに若かりし頃、全盛期の私(謎)のようにとまでは行かなかったですが、それでも久々のPPPHなんかは正に童心に帰ると言う感じで楽しかったです(笑)。

次のライブは何時になるかまだ未定ですが、一つだけ言える事は『例えどんな事があっても私は駆けつける」と言う事です。
仕事?そんなもん有休で対処だ!(爆)
体調?そんなもん気力で乗り切れる!(笑)
金欠?どうするアイf【以下検閲削除】
まぁ冗談はさておき、出来れば年内にもう一度実現してくれればと思うのですが、ちょっと微妙かな^^;

では最後に、今回私達P一同に素晴らしい時間を提供して頂いた765プロの皆さんに、一人ずつ感謝の言葉をお贈りしてこのレポを締めたいと思います。

●中村繪里子さん(天海春香)
歌にトークに元気一杯、そして持ち歌でいきなり音を外すドジッ娘ぶり(笑)も披露されるなど、まさにリアル春香そのものと言う感じで最高でしたよ!
フリフリ、フワフワのミニスカもとっても素敵でした(*´Д`*)
また『ブラック春香』では、中村さんの秘めたるドS属性が伺えて【以下自粛】

●今井麻美さん(如月千早)
千早のクールビューティーな雰囲気とは180度違うノリノリな姿は、さすがはミンゴスと言った感じでしたね(笑)
でも『蒼い鳥』のソロでは歌手・今井麻美の実力を改めて思い知らされた感じでした。貴女の引き出しの多さにはホント、脱帽です!
それにしても、タイトなミニスカの衣装はホントに驚きましたよ^^;
つい脚線美に見とれて注目してしまった不埒な私をお許し下さいw

●落合祐里香さん(萩原雪歩)
ロングヘアーのお姿を見るのは今回が初めてだったのですが、ほんわかした可愛さは健在でしたね!
白い清楚な雰囲気のドレスも雪歩のイメージぴったりで可愛かったです。ちょっとスカートの部分が気になって目のやり場に困りましたけど^^;

●仁後真耶子さん(高槻やよい)
もうね、リアルに『ハイ、ターッチ!』を見る事が出来ただけで私は幸せですよ(笑)。出来る事ならその御手にハイタッチをお返ししたかったです(こら)
髪型と衣装も見事にやよいしてましたね。でもさすがにあのドリルの再現は難しかったかな?w
あと今井さん同様、素敵な脚線美は目の保養になりましたですよ(殴)

●若林ネ申直美さん(秋月律子)
ネ申ー!
ネ申ー!!
ネ申ー!!!

…ハッ、すみません。つい(汗)
いやでももうホント、貴女の事はネ申と表現するしか無いんですよ(爆)
何でそんなに律子のイメージまんまなんですか?^^;
もうぶっちゃけ、ライブ中は律子が若林さんを演じているとしか思えなくて…(汗)
ノリノリのドラマパートとか、完璧な『~朝ご飯』とか、とにかくグッジョブでした!(笑)

●釘宮理恵さん(水瀬伊織)
失礼を承知で言いますが、本音を言うと貴女がライブ直前まで参加されるかどうか気を揉んでいたのですよ。何せ売れっ子声優さんでいらっしゃいますから^^;
それだけに幕が開いてステージに立っている貴女を目にした時はもう、それだけで私は感動モノでした。あと私自身ライブ直前まで伊織ソロをプロデュースしていただけに、生伊織nの声を直に聞けたのも激しく嬉しかったですよ!
あと普通に喋るお声も可愛くていらっしゃいますね。萌えました(;´д`)ハァハァ

●平田宏美さん(菊地真)
これまた失礼な言い方になりますが、第一印象がキャラマスの写真とかなり違って見えたので正直驚きました^^;
幾分スリムになられた事と髪型がショートになった事でより一層外見が真に近づいた感じで、そのおかげで歌やドラマパートの際によりイメージが沸きましたです。
独特の力強く伸びのある歌声は、相変わらず素敵でしたね。しっとりとしたバラードでも、激しいアップテンポの曲でも、貴女の声なら安心して聴けてしまいます。

●たかはし智秋さん(三浦あずさ)
私は全力でジューシーですよ!www
それはさておき、あずささん同様お姉さん的な雰囲気を失わず、絶妙のトークで場を盛り上げていた貴女の姿に私は改めて惚れました(笑)
『ジャマイカにお住まいの…』がとても良かったですよw
9:02pmでの大人っぽさ溢れる歌声は、まさに本領発揮と言った感じでうっとりでした。
正直言うと、これまでたかはしさんと言えば私の中では『TLS3のたかねちゃん』のイメージが強かったのですが、今回のライブを機に『アイマスのあずささん』のイメージがそれを完全に上回りました。

●下田麻美さん(双海亜美・真美)
一人二役お疲れ様でしたw
最初の印象はそのルックスに加え、担当のキャラのイメージや髪型と衣装の印象も手伝って、妹系の可愛さを持った人だな~と感じていましたが、平田さんとの『エージェント~』では全く違う一面を見せて頂き思わずビックリ!
『あぁ、こんな妖しく色っぽい一面もあるんだな~』と凄くドキドキしましたよ^^;
ライブ本番までは色々と大変な事もあったようですが、私から見た感じでは本番でのお姿は十分合格点でしたよ(^^)

●滝田樹里さん(音無小鳥)
今回初めてお顔を見る事が出来て嬉しかったです。
客席からは小柄で可愛いお姿に見えたのですが、ホントのところはどうなんでしょ?^^;
白いワンピがとっても似合っていて素敵でしたよ~♪
これからも天然ボケと妄想全開で765プロのお仕事頑張って下さいね(爆)

●徳丸完さん(高木社長)
今回一番のサプライズは貴方でした(笑)
お声だけとは言え、まさかホントに登場されるとは…^^;
でも大声援への切り返し方や噛んだ後(w)の駄洒落アドリブなんかは、さすがベテラン声優さんと言った所ですね。
これからもプロデューサーとして765プロの発展に尽力する所存ですので、引き続き宜しくご指導・ご鞭撻のほどお願い致します!(笑)


それでは、非常に長くなりましたがこれでアイマス1stアニバーサリーライブのレポートを締めくくりたいと思います。
長文にも関わらず最後まで読んで下さった皆様、有難うございました。
次はドームでボクと握手…かな?w


スポンサーサイト
別窓 | IDOLM@STER | コメント:2 | トラックバック:0
<<【引退】植松 小星 59~61週目【トゥルーED】 | Agent"T" | 祝!IDOLM@STER1周年>>
この記事のコメント
長文乙 ^^;

そうそう皆さん衣装換えしてたんですよね。
で、最後はまた最初の衣装に着替えてました。
ライブを収録したDVDが出るようですが、その辺も含め細かいところが確認できる内容だといいなぁと期待。

ついでに360版のムービーが付いてきたら神。
2006-07-30 Sun 23:51 | URL | ねこP #sFkuDBeA[ 内容変更]
合計で4時間ほどかかったかな(爆)<長文
>ライブDVD
細かいチェック云々もそうですが、やはり当日の感動と興奮をもう一度思い出して愉悦に浸る為にも是非手に入れたい所ですw
まさかこっちが弾けてる所は映ってないだろうな^^;

>X360版ムービー
こちらも禿しく期待。
て言うか可能性は十分にあるかと。ちょっち値段は辛くなるでしょうが^^;
2006-07-31 Mon 23:12 | URL | 虎井大雅P #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Agent"T" |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。